会員募集

会員募集

世界を変える行動をする人を探しています

ロータリークラブは、地域に根づいて活動する会員が、地域や世界に持続的に可能な変化をもたらすために行動をしています。

仲間と一緒に活動し、出会いの中で見つけた人とのつながりを大切にし、地域への発展や課題に取り組み、より良い未来へ繋げる一歩を踏み出しませんか?
地域で活躍されている方。
奉仕の心と責任感を持ち、情熱溢れる方を募集しております。

 

入会をお考えの方へ

ロータリークラブへ入会された場合、会員としての条件がございます。
大きくは下記になります。

入会条件
入会する方は、原則として会社の経営者または経営者と同レベルの方(例えば、大学教授、地域拠点の支店長等)です。会社規模などは問いませんが、ロータリークラブ(以下、RC)の会員として相応しいかどうか、候補者と会社(組織)について審査があります。

ロータリークラブ(=RC)設立時の基本理念として、RCのメンバーは原則的には同じ業種からは1名しか加入できないこととなっていましたが、現在の規約では1割の重複まで許されています。入会に当たっては職業分類が何であるか、または職業分類をどうするか確認させていただきます。

• 原則、地域の一業種一会員(男女不問)です。(ただし、>同一業種であっても、クラブ毎に許容範囲ががあります)
人格の立派な人で社交性に欠けない人

• 週一回の例会出席が義務化されています。
(出席出来ない場合は前後14日以内に近隣他ロータリークラブへの出席が必要です)

• 規定の年会費を半期ごとに支払います。

• 規定の入会審査があります。(理事会の承認後、会員全員の賛意が必要です)

推薦人
入会に際し原則として当クラブの1名の会員が推薦人となります。いずれかの推薦人が、定められた推薦用紙に必要事項を記入します。

1. 名前
2. 生年月日
3. 職業分類(業種)
4. 会社名とその所在地
5. 役職名
6. 自宅住所・電話番号
7. 出身校
8. 趣味 など

入会審査
推薦人は推薦状(クラブ指定履歴書)を幹事に提出します。幹事は理事会に入会の提案を行い、理事会で審査します。また同時に職業分類を協議します。理事会の承認を受けて、氏名公表が行われます。氏名公表とは入会希望者のプロフィール等の情報が現会員に開示されることで、もし入会に反対する場合は、7日以内に文書で異議申し立てを提出します。異議がない場合は、入会が認められたことになります。

納金
ロータリークラブの規約では、入会承認の前に定められた入会金および会費を納入しなければならないとなっています。

入会方法
ロータリーに入会するのは、既存のロータリアンの推薦が必要です。お近くにはきっと貴方の周りにロータリアンはいます。お近くのロータリアンまたはホームページからお問い合わせください。

 

印西ロータリークラブ会員募集とお問い合わせ

 

内容をご確認のうえ送信ボタンを押してください

タイトルとURLをコピーしました